英会話フィーリング表現でぃくしょなりぃ
定価:本体 1,800円+税
(税込定価: 1,944円)
ISBN978-4-87615-250-6
判型:四六判
272ページ
テキスト
初級~中級
2012年4月1日発売
頻度と強弱でわかる
感情・性格・知性・容姿から人間関係・健康まで全5章34のトピックで、こめられる感情の強弱を明快にチャート化。ネイティブ・スピーカーの使用頻度の目安も。さらに、見出し語の由来・使い方・注意点・文型・例文付き。迷った時にどう言うか。自分の気持ちを伝えるための使い分けと英語の微妙なニュアンスが手に取るようにわかります。

はじめに

 日本語のネイティブスピーカーである私達は,様々な感情を自分が表現したい度合いに応じて自由に表現できますが,英語ではどうでしょう? 感動・満足・幸せ・喜び・怒り・驚き・悲しみなどの感情を表す単語や表現をある程度はご存じだと思いますが,自分が感じた程度に応じてそれぞれの感情を表現できる人はかなりの少数派ですし,多くの英語を学習されている方々は,英会話やメール・手紙などで自分の感情をうまく表現できないもどかしさを感じていると思います。

 本書は,読者のみなさんに自分が表現したい感情を,その度合いに応じて自由に表現していただくことが目的で書かれています。英語での表現力,特に感情を適切に表現できる能力は,英語のコミュニケーションでの重要なスキルのひとつですし,自由自在に英語を操ることが出来るという自信とプライドにも繋がります。また本書はネイティブスピーカーが日常用いる自然で平易な口語表現を中心に紹介していますので,英語を実際に使って覚えたい方には実用の書としても使用できるように配慮しました。

 本書では,感情表現の他,性格・人間関係・健康・挨拶など,日常生活の中でよく使える表現も多く紹介しています。ネイティブスピーカーとの会話,英作文,メール・手紙,バレンタインカードやバースディカードなど,生活の様々な場面で本書で紹介されている表現を使ってみて下さい。本書で扱っている表現をなるべく多く暗記するのもひとつですが,チャンスがあれば積極的に使ってみて,「習うより慣れろ」を実践してみて下さい。きっと自己の表現力が伸びるはずです。

 私がアメリカの大学で院生をしていた当時,ある言語学の先生が Nothing succeeds like language learning.(言語の習得ほど成功するものはない)とよく言っていました。これは,言葉と表現を覚えれば覚えるほど,ネイティブスピーカーとの会話が可能になる…会話ができればできるほど,会話が楽しくなる…会話が楽しくなればさらに新しい表現と言葉を覚える…そうすると表現力に深みがましてさらに会話にはずみがついて言葉を覚えるという意味です。

 英語を学習されている読者の皆さんも,英語での表現力が雪だるま式に増え,成功が成功を呼ぶ方程式を体験してみて下さい。本書がその一助になれば幸いです。

 本書の執筆にあたり,東京電機大学の同僚である Matthew Day 先生には英語の監修やアドバイスなど様々な形で手伝って頂きました。また忍耐強く付き合って頂いた(株)語研の田尻まど香様他社員の方々にも厚くお礼申しあげます。

2012 年3 月7 日
小山内 大
はじめに
3
本書の構成
7
Chapter 1 感情・気持ち
1-1 安心とリラックスの度合い Degree of Relief and Relaxation
10
1-2 怒りの度合い Degree of Anger
18
1-3 イライラの度合い Degree of Frustration
26
1-4 驚きの度合い Degree of Surprise
32
1-5 悲しみと落胆の度合い Degree of Disappointment and Sadness
40
1-6 感動の度合い Degree of Excitement and Emotion
48
1-7 感謝の度合い Degree of Appreciation
54
1-8 共感の度合い Degree of Empathy and Sympathy
60
1-9 好きの程度 Degree of Affinity
68
1-10 嫌いの度合い Degree of Dislike and Hatred
74
1-11 幸せの度合い Degree of Happiness
82
1-12 満足の度合い Degree of Satisfaction
88
1-13 笑いと滑稽さの度合い Degree of Amusement
96
1-14 拒絶の度合い Degree of Rejection and Denial
102
Chapter 2 性格・知性
2-1 臆病さの度合い Degree of Cowardliness
110
2-2 傲慢さと生意気さの度合い Degree of Arrogance and Haughtiness
116
2-3 人間性の良さの度合い Degree of Good Nature and Decency
122
2-4 勇敢さの度合い Degree of Bravery
130
2-5 頭の良さの度合い Degree of Smartness
136
2-6 頭がおかしい度合い Degree of Insanity
142
2-7 一生懸命の度合い Degree of Effort and Industry
150
2-8 やる気の度合い Degree of Motivation
156
Chapter 3 人間関係
3-1 仲の良さの度合い Degree of Intimacy
162
3-2 仲の悪さの度合い Degree of Dislike and Hatred between People
170
3-3 愛情の度合い Degree of Love and Affection
176
3-4 相手を励ます度合い Degree of Encouragement
184
3-5 挨拶での気分の度合い Degree of Wellbeing
194
Chapter 4 容姿・健康
4-1 美人の度合い Degree of Beauty
200
4-2 イケメンの度合い Degree of Handsomeness
208
4-3 健康の度合い Degree of Health
212
Chapter 5 貧富・難易
5-1 金持ちの度合い Degree of Wealth
222
5-2 貧しさの度合い Degree of Poverty
230
5-3 困難さの度合い Degree of Difficulty
238
5-4 簡単さの度合い Degree of Easiness
244
索引
252
参考文献
269
小山内大

 TOEIC・TOEFL,英会話,英語教育,アメリカ文化など自身の渡米の経験を基に,著作活動を展開。1990年よりジョージア州にあるジョージア南大学で日本研究科を担当,2002年より東京電機大学で准教授として英語を担当している(教育学博士―英語教育)。
 著書に『英語ワールド初級・中級・上級』(DVD)(NECインターチャネル),『なぜ,宇多田ヒカルがコロンビア大学に入れるのか:誰にでもチャンスを与えるアメリカ社会』『英語のここを学べば5倍のびます』『アメリカの小学生と英語で勝負!』(以上,はまの出版),『現代アメリカ人に見る価値観』『あなたとアメリカ人どちらがアメリカを知っている』『あなたとアメリカ人どちらが一般常識を知っている』『新TOEIC®テストボキャブラリー攻略』『TOEICイディオム攻略』『新TOEICボキャブラリー攻略』『新TOEIC®テストイディオム攻略』『英語イディオムと口語表現1700完全詳解』『TOEFL® TEST最頻出ボキャブラリー完全詳解』(以上,三修社),『クイズ英語生活力検定』『クイズ英語生活力検定(2)』(以上,大修館書店),『英語常識力検定』(PHP研究所),『クイズで学ぶネイティブ英語講座』(サンマーク出版),『TOEIC® TEST英単語EXPRESS』(Jリサーチ出版)がある。

【英語監修】
Matthew Day(マシュー・ディ)
イギリス・マンチェスター出身。ダラム大学人文学科卒業。イギリスでの英語教育を経て来日。その後7年間英語教育に携わる。2006年イギリスに戻りシェフィールド大学大学院日本研究科にて学ぶ。2007年に卒業,現在は東京電機大学講師。