新TOEIC TEST必修1200語-スコア860レベル
定価:本体 1,800円+税
(税込定価: 1,944円)
ISBN978-4-87615-128-8
判型:A5判
272ページ
CDブック(CD2枚)
中級~上級
2006年6月1日発売
7000語レベルから1万語レベルをカバーするために
ノン・ネイティブ・スピーカーとして最高レベルの英語能力を備えていることを示す「TOEIC(R)スコア860」クリアにとどまらず、さらに上をめざす方に。データベースに基づき割り出した7000語~1万語レベルまでの必修単語1200を段階的に効率よく学べる。

はじめに

 本書は、TOEIC(Test of English for International Communication)で最高レベルであるスコア860以上をめざす人々を対象に、単語力強化を目的として編まれた学習書です。

 TOEICでスコア860を突破するには1万語、すなわち本書で示す8000語レベル以上の単語力が必要です。つまり、基本単語5,000語(スコア600レベル)プラス生活関連単語3,000語(スコア730レベル)に加えて、いわゆる「難語」や、ネイティブ・スピーカーの用いる「洗練された単語」を3,000語程度はマスターする必要があります。そのためには日頃から英字新聞、英文雑誌を「読みこなし」、テレビ、ラジオの英語ニュース、映画などを「聴きこなす」努力を怠るわけにはいきません。しかも8000語レベル以上になると、数多くの単語が少ない頻度で多彩に用いられます。そのため、このレベルの単語力を身につけるには、努力、根気、時間という3要素が不可欠になります。

 本書では、実用英単語使用頻度データベースに基づいてスコア860をクリアするための必修単語1,200を厳選し、掲載しました。また、例文はすべてアメリカ・イギリス・オーストラリア・カナダの4か国いずれかの音声で付属CDに収録されているので、2006年5月より実施される新TOEIC TESTのリスニング対策書としても大いに活用できます。じっくりと本書に取り組み、TOEICの最高峰であるレベルAの単語を覚えると同時に、ネイティブ・スピーカーに勝るとも劣らない英語表現力を身につけてください。

 最後に、実用英単語使用頻度データ分析を行われ、また原稿の作成まで辛抱強く見守り励ましてくださった(株)語研の奥村民夫氏および編集部の皆さんに感謝の意を表したいと思います。

 2006年6月
白野伊津夫
Lisa A.Stefani