英文法ポケットガイド
定価:本体 1,300円+税
(税込定価: 1,404円)
ISBN978-4-87615-153-0
判型:新書判
208ページ
テキスト
中級~上級
2007年6月1日発売
基本ルールで話せる・書ける
アメリカ本国で大好評文法書に翻訳版が登場。「正しい英語」を話し・書くための実用文法を簡潔に紹介。より正確な英語を使いこなすための語法・用法も充実。英文法手引書としてデスクに必備の一冊。
本書は“Barron's Pocket Guide to Correct Grammar 4th Edition”の翻訳版です。

はじめに

 日本人の多くが日本の英語教育に批判的です。英文法の知識は豊かなのに、コミュニケーション重視の授業が少ないために、習ったことが使い物にならない、というのがその批判の骨子のようです。しかし、実際に日本人の多くが本当に英文法に長けているのかといえば、答えは残念ながらYesとは言いがたいようです。海外の英語学校で勉強する、いわゆる高学歴の日本人の英語コミュニケーション能力を研究したところ、彼らの話す英語に基本的な英文法のミスが多いことに愕然とした記憶があります。単数、複数、時制の一致など、中学校レベルの文法知識が定着していないことは明らかでした。

 確かにコミュニケーションの機会が豊富にあれば、習った「知識」を使える「技能」として定着させることも容易になるのでしょうが、日本国内に留まりながら英語のコミュニケーション能力を向上させたいのであれば、まず基本的な英文法を学習・復習し、それを自分なりに使ってみることが大切です。例えば日記のように毎日何かを英語で書く、またインターネットで外国の情報を毎日読むといった簡単なことでもよいですし、頭に浮かんだことを「英語では何と言うんだろう?」とじっくり考える時間を日々持つようにすることも有益です。

 「文法<コミュニケーション」という考え方や誤解が主流になりつつありますが、「ブロークンな英語でも通じればいい」という考えは、実際に英語が必要な場やビジネスの現場では通用しません。本書に出会ったのを機会にきちんと学習しなおし、自信と知識を高めることをお勧めしたいと思います。

 本書には基本的な文法をはじめ、多くの例文や誤りやすい語彙、さらには正しい文章を書く手がかりとなる句読点などの解説も含まれていますから、短期間に効率よく英語の復習をしたいという人にとって十分役に立つ一冊です。二度、三度と読みこなすことで文法知識を向上・定着させ、自信を持って英語を使いこなすことができるようになるまで頑張ってください。

 最後になりましたが、本書の翻訳・出版にあたり、最初から最後まで根気強くサポートいただきました(株)語研編集部の奥村民夫様に、心より厚く御礼申し上げます。

  2007年5月
小島加奈子