日常台湾華語会話ネイティブ表現
潘凱翔:著
定価:本体 2,200円+税
(税込定価: 2,420円)
ISBN978-4-87615-354-1
判型:四六判
192ページ
テキスト(音声ダウンロード)
2020年3月9日発売
※本教材の感想を読者カードやレビューサイトにお寄せください。
3パターンで決める
※本書で取り上げる台湾華語とは、北京語(普通語)がベースとなった台湾で話される中国語のことであり、台湾語(閩南びんなん語)とは異なります。
旅行先として大人気の台湾。その台湾で一般的に使われている中国語の会話表現を学ぶ語学教材。目的別に3パターンのダイアローグ(対話型の例文)を掲載。初級者・中級者が、表現の幅を広げるために使える一冊。音声は無料ダウンロード。
本教材に対応する音声データは、当Webサイトよりダウンロード可能です。ダウンロードした音声データはZIP形式で圧縮されています。音声ダウンロードに関しては以下のFAQもご覧ください。
音声ダウンロードとすぐ聴く音声に関するFAQ

※ためし読みの色は実際の書籍の色とは異なります。

無料音声ダウンロード

はじめに

 本書は,台湾華語ネイティブスピーカーが日常生活でよく使う表現や言い回しを,会話の状況や目的別にそれぞれ対話式に3 つのパターンを紹介した台湾華語会話表現集です。

 さまざまなコミュニケーションの機会において,言いたいことを的確に伝える言葉が見つからず困った経験はありませんか。本書は,さまざまな日常生活でよくあるシーンを切り取り,実際に役に立つ例文を紹介しています。それぞれのシーンは場面をイメージしやすいように対話形式になっており,やり取りは簡潔にまとめ,台湾では当たり前のように使われている表現を多く紹介しています。また,すべての文章にピンインとボポモフォを表記しています。ボポモフォ(注音符号)は台湾独自の発音記号で,近年台湾のアイデンティティのアイコンとして再注目されています。是非ピンインだけでなくボポモフォをマスターして本書を読み進めてください。初級学習者のみならず,リスニング力や会話表現の幅や語彙力を広げたい中級者以上の台湾華語学習者にも対応できるようになっています。

 台湾華語で最も大切なことは声調です。カタカナで発音しても通じないのは,声調を理解できていないからです。声調を誤ると,まったく違う意味になってしまいます。音声を繰り返し聞くことで,それぞれのシーンの対話形式の会話を,シャドーイング練習などを通して頭に入れることができます。それぞれのシーンに合ったリアルな台湾華語が口から出てくるようになります。

 本書を通じて,さまざまな日常生活の中で,これまで言えそうで言えなかった台湾華語のフレーズを習得し,台湾華語の会話を楽しみ,さらに台湾華語を身につけることができるようになれば,筆者としてこれに勝る喜びはありません。

2020 年2 月
潘凱翔
はじめに
3
台湾華語の発音記号(注音)
11
台湾華語の声調の種類
12
台湾華語の声調変化
13
Ⅰ 挨拶と社交
1-01.起床
16
1-02.就寝
17
1-03.出掛けるとき
18
1-04.知り合いに出会ったとき
19
1-05.久しぶりの再会
20
1-06.思いがけない再会
21
1-07.初対面の人に会ったとき
22
1-08.初対面かどうか確認する
23
1-09.自己紹介
24
1-10.人を紹介する
25
1-11.人と別れるとき
26
1-12.食事のとき①
27
1-13.食事のとき②
28
1-14.ごちそうになって
29
1-15.お見舞いの言葉
30
1-16.感謝・お礼の言葉①
31
1-17.感謝・お礼の言葉②
32
1-18.贈り物
33
1-19.贈り物の礼を言う
34
1-20.お世話になって
35
1-21.お詫びの言葉
36
1-22.お詫びの言葉(ビジネス)
37
1-23.会話を終える
38
1-24.いまは時間がない
39
1-25.日時を決める
40
1-26.場所を決める
41
1-27.約束の変更・確認
42
1-28.またあとで
43
1-29.訪問
44
1-30.辞去するとき
45
Ⅱ 質問と応答
2-01.質問の前置き
48
2-02.名前を尋ねる
49
2-03.出身地を尋ねる
50
2-04.年齢を尋ねる
51
2-05.時間を尋ねる
52
2-06.誕生日・血液型・星座を尋ねる
53
2-07.職業を尋ねる
54
2-08.学校を尋ねる
55
2-09.家族構成を尋ねる
56
2-10.誰かを尋ねる
57
2-11.将来の希望を尋ねる
58
2-12.お金について
59
2-13.好きなことを尋ねる
60
2-14.嫌い・苦手なことを尋ねる
61
2-15.何をしているのかを尋ねる
62
2-16.感想を尋ねる
63
2-17.相手の理解を確認する
64
2-18.理由を尋ねる
65
2-19.肯定する
66
2-20.あいまいに肯定する
67
2-21.否定する
68
2-22.断定を避ける
69
2-23.何がおかしいのかを尋ねる
70
2-24.質問に戸惑う①
71
2-25.質問に戸惑う②
72
2-26.わからない・知らない①
73
2-27.わからない・知らない②
74
2-28.記憶にないとき
75
2-29.不快感を表す
76
2-30.未定
77
Ⅲ 意思疎通
3-01.確信
80
3-02.ストレートに言う
81
3-03.同意を求める
82
3-04.同意する①
83
3-05.同意する②
84
3-06.同意する③
85
3-07.部分的に同意する
86
3-08.同意しない①
87
3-09.同意しない②
88
3-10.間違いを指摘する
89
3-11.それは無理です①
90
3-12.それは無理です②
91
3-13.反論①
92
3-14.反論②
93
3-15.好きなように
94
3-16.誤解を解く
95
3-17.例を挙げる
96
3-18.言い換え
97
3-19.相手の立場に立つ
98
3-20.明確にする
99
3-21.確認する①
100
3-22.確認する②
101
3-23.推量
102
3-24.混乱
103
3-25.真剣・本気①
104
3-26.真剣・本気②
105
3-27.けんか別れ
106
3-28.強調する①
107
3-29.強調する②
108
Ⅳ 勧誘と申し出
4-01.行動を起こす
110
4-02.勧誘
111
4-03.予定を聞く
112
4-04.援助を申し出る①
113
4-05.援助を申し出る②
114
4-06.援助を申し出る③
115
4-07.任せてください
116
4-08.誘いに応じる①
117
4-09.誘いに応じる②
118
4-10.申し出を受け入れる
119
4-11.申し出を断る
120
4-12.それで構わない
121
4-13.別の機会に
122
4-14.先約を理由に断る
123
4-15.急用を理由に断る
124
4-16.多忙を理由に断る
125
4-17.体調不良を理由に断る
126
4-18.興味がない
127
4-19.ひとりでいたい
128
4-20.即答を避ける
129
4-21.やる気を見せる
130
4-22.疲れている
131
4-23.寝不足
132
4-24.お金がない
133
4-25.お腹の調子が悪い
134
4-26.風邪気味
135
4-27.酔ってしまった
136
4-28.何かを勧められて①
137
4-29.何かを勧められて②
138
4-30.妥協する
139
Ⅴ 依頼・勧告・要求
5-01.依頼の前置き
142
5-02.依頼
143
5-03.許可を求める
144
5-04.助力を求める
145
5-05.助言を求める
146
5-06.写真を撮る
147
5-07.車の送り迎え
148
5-08.値切り
149
5-09.弁償
150
5-10.緊急の依頼
151
5-11.行動を促す
152
5-12.選択がない
153
5-13.やめてもらう
154
5-14.静かにしてもらう
155
5-15.非難する①
156
5-16.非難する②
157
5-17.言動を注意する①
158
5-18.言動を注意する②
159
5-19.言動を注意する③
160
5-20.念を押す
161
5-21.恋愛事情①
162
5-22.恋愛事情②
163
5-23.落ち着かせる①
164
5-24.落ち着かせる②
165
5-25.せかす相手に苦言を呈す
166
5-26.忠告する
167
5-27.やめさせる
168
5-28.横柄な相手にやり返す
169
5-29.忠告を聞かなかったとき
170
5-30.忠告をシカトする
171
Ⅵ 感情の表現
6-01.喜び・愉快①
174
6-02.喜び・愉快②
175
6-03.お祝いするとき
176
6-04.励ます
177
6-05.慰める①
178
6-06.慰める②
179
6-07.褒める
180
6-08.憧れる
181
6-09.好きな気持ち
182
6-10.嫌な気持ち
183
6-11.憤り・怒り①
184
6-12.憤り・怒り②
185
6-13.がっかりしたとき
186
6-14.文句・愚痴①
187
6-15.文句・愚痴②
188
6-16.冷静
189
6-17.外見を褒める①
190
6-18.外見を褒める②
191
6-19.いい性格を褒める①
192
6-20.いい性格を褒める②
193
6-21.悪い性格を指摘する①
194
6-22.悪い性格を指摘する②
195
6-23.驚き①
196
6-24.驚き②
197
6-25.恐怖感
198
6-26.孤独感
199
6-27.悲しみ
200
6-28.安心
201
6-29.残念
202
6-30.後悔
203
潘凱翔

 3Q 台湾華語学院 学院長
 台北市出身。大学時代は上海に4年間留学し,上海大学を卒業(広告学専攻)。日本語能力試験1級取得。台湾華語,中国語の講師として都内の中国語学院に数年間勤めた後,現在は3Q 台湾華語学院の学院長に就任。著書に『単語でカンタン!旅行台湾語会話』(Jリサーチ出版)がある。
 3Q 台湾華語学院 https://www.3q-taiwan.com/