韓国語能力試験 TOPIK 1・2級初級聞取り対策
河仁南:著
定価:本体 2,200円+税
(税込定価: 2,420円)
ISBN978-4-87615-363-3
判型:A5判
264ページ
テキスト(音声ダウンロード)
2021年12月23日:発売
※本教材の感想を読者カードやレビューサイトにお寄せください。

【韓国語能力試験(TOPIK Ⅰ)合格をめざして】
●試験の出題パターンごとの問題傾向を理解しアドバイスを読んで、練習問題にチャレンジ。
●実際の試験より10倍(パターン8〜10は20倍)の数の練習問題を解いて、聞取り力を確実にアップ。
●最後のまとめとして1回分の模試(練習問題より抜粋し、再編集)で理解度チェック。
※対応する音声教材は語研のWebサイトから無料でダウンロードできます。

本書の「まとめの模擬試験」に対応した無料音声の一部(ダウンロード版「45_Test_1-30.mp3」、QRコード対応音声「045.mp3」)に修正がございます。
音声データは修正済みです。改めてダウンロードいただくか、QRコードからご利用ください。

本教材に対応する音声データは、当Webサイトよりダウンロード可能です。ダウンロードした音声データはZIP形式で圧縮されています。音声ダウンロードに関しては以下のFAQもご覧ください。
音声ダウンロード・すぐ聴く音声 FAQ

※ためし読みの色は実際の書籍とは異なります。

はじめに

 「読んでわかる単語を聞いてもわかるようにしましょう」これは私の個人的なリスニング学習の考え方です。人それぞれの違いはあっても,外国語の勉強において,まず一番先に身に着くのは読む能力でしょう。それから聞く能力,話す能力,最後には論理的にもしくはネイティブのように書ける能力がついてくるでしょう。相手が何を言っているのかさっぱりわからないのに,論理立てて答えられる人はいないはずです。

 ではどうすればリスニングの勉強が効率的にできるでしょうか。まずたくさん聞くことにつきます。そしてリスニングの勉強で最も大事なことは,聞いてわからないからといって,そのたびに文字を見て確認しないことです。これは初心者にとってはつらい時間ですが,文字を見て勉強していくうちに目が慣れていくように,たくさん聞けば耳も慣れていきます。勉強を始める前に,まず初級レベルの単語や関連フレーズを覚えるまできちんと練習してみてください。その次に聞き取れなかった語彙を確認し覚えてから,次のステップに移りましょう。書きながら,また発音しながら覚えるとより良いでしょう。皆さんご存じのように韓国語は発音時に音が変わるので,この点がビギナーを苦しませるところですが,最初から文字のつづりを間違わないようにして覚えておくと発音どおりに書かなくなり,次第にライティングも速くなります。そして単語だけにとどまらず,できるだけ連語やフレーズなどを繰り返し聞き,その意味がわかるようにしてみてください。

 本書では過去問 40 回分を分析し,各パターンの問題数を実際の 10 倍以上(300 問)用意しました。特に長文のリスニングになる後半のパターン 8 〜 10 ではさらに問題数を増やし (60 問 ),合計 360 問となりますので十分な練習になるでしょう。重複する表現もありますが本書を勉強していくうちに自然と単語やフレーズを習得することになるでしょう。本書が韓国語の勉強をスタートしたみなさんのお役に立ち,これからの学習をもっともっと楽しんでいただければ,著者としてはこれ以上の喜びはないでしょう。

 最後に,本書の出版に至るまで関わってくださった方々に心から感謝いたします。

2021 年
河仁南