広東語基本単語2000
陳守強:著+鄧超英:著
定価:本体 1,650円+税
(税込定価: 1,815円)
ISBN978-4-87615-645-0
判型:新書判
232ページ
テキスト(音声別売)
1991年3月1日発売
別売音声:ISBN978-4-87615-533-0
(CD2枚 価格:本体 2,300円+税)
※本教材の感想を読者カードやレビューサイトにお寄せください。
聴いて,話すための
シリーズ累計65万部突破のロングセラー。聴いて話すために必要な基本単語2000語を項目別に学習。発音と基本的な文型についても巻頭で解説。別売の音声教材はCD版のほか、インターネット経由でデータをダウンロードできるDL版(有料)もある。
電子書籍あり
音声付き電子書籍あり

はじめに

 私は生まれてよりこのかた広東語を数十年使ってきて、ほかの国の言葉とよく比べてみる機会がありました。そして、広東語ほど難しい言葉はないと思っています。

 まず、発音の複雑さと音節の多さに圧倒されます。さらに文字も複雑です。広東語は、書く言葉ではなく、あて字の多い一つの方言なのです。そのためか、非常に生き生きしている言葉で、まるで生物のように変化し、新しいことばがひんぱんに生まれてくるのです。例えば広東省の人々の広東語と香港人の広東語はかなり違います。2つの地域の文化、環境、生活習慣がたった数十年ちがっただけで、大きなちがいが生まれてしまいました(この本では香港の広東語を中心にしています)。

 しかし、恐ろしく難しい反面、広東語は既有の文字にしばられていないため、非常に説明しにくいニュアンスや、物事の状況や、人の心理状態などが表現力と想像力によっておもしろく、生々しく表現できます。ということは、とても親しめることばなのだと思います。広東語を勉強するのは楽しいでしょう。本書を皆さんに使っていただき、広東語を使う人々の心理や、性格や生活様式なども広東語の勉強とあわせて紹介できて、たいへんうれしく思います。

1991年2月
著者
陳守強(J.S.K.Chan)
※本書の広東語の漢字は香港で通用している昔からの複雑な字体を採っています。ただしコラムなどでは漢字によって日常生活で用いられている字体で表記しました。
はじめに
3
構成と使い方
6
索引
214
第1章 広東語のあらまし
1 母音と声調
8
2 複合母音
11
3 子音
12
4 文型
16
第2章 聴いて話す単語
1 人やものをさすことば
20
2 はい、いいえ
22
3 たずねることば
24
4 小さな数
26
5 大きな数
28
6 年月日と曜日
30
7  昨日・今日・明日
32
8 時刻と時間
34
9 時を表すことば
36
10 四季と年中行事
38
11 いつもの動作
40
12 毎日の生活
42
13 広東語を学ぶ
44
14 教室で(1)
46
15 教室で(2)
48
16 学校について
50
17 学習に使う道具
52
18 家族のよびかた
54
19 親戚の人々
56
20 周囲の人々
58
21 あなたの性格
60
22 訪問する
62
23 あいさつのことば
64
24 感情を表現する
66
25 かたちや質を表現する
68
26 服を着る
70
27 ファッションのいろいろ
72
28 色ともよう
74
29 下着とアクセサリー
76
30 衣服
78
31 身じたくする
80
32 きょうの天気(1)
82
33 きょうの天気(2)
84
34 自然地理
86
35 毎日の食事
88
36 レストランで
90
37 料理を作る
92
38 飲茶
94
39 穀物と野菜
96
40 山海の珍味・くだもの
98
41 味と調味料
100
42 台所用品
102
43 飲物
104
44 住まいと建物
106
45 家の中
108
46 室内を整理する
110
47 雑貨
112
48 家庭の電化製品
114
49 ペットのいる庭
116
50 健康な体
118
51 顔と表情
120
52 汗をかいたり
122
53 胸から上の動作
124
54 腰から下の動作
126
55 手、足、頭のはたらき
128
56 病気やけがにそなえて
130
57 病院へ行く
132
58 街にでかかる
134
59 位置と方角を示すことば(1)
136
60 位置と方角を示すことば(2)
138
61 車に乗る
140
62 乗りものを利用知る
142
63 列車に乗って
144
64 旅行にでかける
146
65 出入国を順調に
148
66 空港で
150
67 機内で
152
68 ホテルで
154
69 両替する
156
70 計算を正確に
158
71 買物を楽しく
160
72 手紙を出す
162
73 電話をかける
164
74 いろいろな職業
166
75 職場で使うことば
168
76 ミーティングで(1)
170
77 ミーティングで(2)
172
78 貿易・取引で使うことば
174
79 産業に関わるもの
176
80 スポーツが好き
178
81 試合をしよう
180
82 趣味は何ですか
182
83 芸能について(1)
184
84 芸能について(2)
186
85 報道を聞く
188
86 文学について
190
87 人の一生(1)
192
88 人の一生(2)
194
89 国名・地域名
196
90 都市名
198
第3章 広東語を使いこなす
1 助動詞と重複動詞をつかう
202
2 形容詞をつかう
204
3 副詞をつかう
206
4 介詞を使う
208
5 接続詞を使う
210
6 量詞を使う
212
香港の地名
18
外国人名とその漢字
200

構成と使い方

特徴どのページも,開いたところがひとまとまりの単位です。好きなところから単語を覚えていくもよし,また,初めて広東語にふれる方は,順に2ページずつ覚えていくとステップをふんだ学習ができます。

本文第1章は広東語の発音と文字を,実際に使う単語で覚えます。第2章が会話に使う単語です。すべて耳で聴き,口で話すことばで,使用される場面および意味としての覚えやすさを考慮して分類しています。第3章は,会話に活用することばをまとめました。

使い方左のページにあげた単語や解説を,右ページで練習しながら暗記します。各項にチェック用の□がついています。書きこみながら練習して覚えます。

別売CDの利用法

 本書で広東語を学ぶには,広東・香港で生活してきたアナウンサーである著者 鄧超英の吹込みによる別売CDを活用されるといっそう効果的です。
 まず広東語が,続いて日本語が読みあげられます。本書の全単語が収録されています。
 また,別売CD収録の音声はすべて,インターネットからのダウンロード販売も行っております。詳しくは,弊社のホームページにアクセスしてください。

CD収録時間
Disc1:40分01秒/Disc2:41分02秒