ドイツ語基本単語2000
定価:本体 1,500円+税
(税込定価: 1,620円)
ISBN978-4-87615-650-4
判型:新書判
240ページ
テキスト(音声別売)
入門~初級
1991年11月1日発売
只今、弊社にて在庫切れ
別売音声:ISBN978-4-87615-543-9
(CD2枚 価格:本体 2,300円+税)
聴いて,話すための
シリーズ累計65万部突破のロングセラー。聴いて話すために必要な基本単語2000語を項目別に学習。発音と基本的な文型についても巻頭で解説。別売の音声教材はCD版のほか、インターネット経由でデータをダウンロードできるDL版(有料)もある。

はじめに

 明治時代から最近まで、日本ではドイツ語といえば哲学者・自然科学者・医者・登山家などが使う専門語という、はなはだかた苦しいイメージのものでした。

 そして、今日でもなお、かなりの日本人の大学や学校で、少々古めかしいドイツ語が学ばれているということは、私たちにとって残念なことです。

 もっと、一般の日常生活で使える生きたドイツ語を皆さんに学んでもらえたらと思っています。

 この本は、楽しみながら生きたドイツ語を学ぶということを最大の目的としたものです。

 この本の第1章にある必要最低限の文法を頭に入れたら、ひとつひとつの単語で、言いたいことを表現してみてください。

 けっしてむずかしい文章でなくてよいのです。皆さんのドイツ語が通じたという喜びをすぐに体験できるにちがいありません。

 ドイツ語は、ドイツだけでなく、オーストラリア・スイス・リヒテンシュタイン・ルクセンブルクなどでも使用されていますし、仕事や旅行で人々の交流が国際的になったいま、世界中のどこへ行ってもドイツ語を耳にすることがあると思います。

 皆さんも、ドイツ語に出会う機会があったらドイツ語を使うことにチャレンジしてみてください。

 最後に、この本を出版するにあたり、いろいろ手助けいただいた(株)HCの木村・若林・神頭・東さんに感謝申し上げます。

1991年8月
Hans-Joachin Knaup
Hans-Joachim Knaup

 1952年生まれ。ドイツ・ウエストファーレン州出身。ボン大学で日本文学,ドイツ文学,比較宗教学を学ぶ。NHKテレビ,ラジオのドイツ語講座に出演。
 現在,NHK RADIO JAPAN国際局で日本語講座などを担当。横浜国立大学外国人講師。