ニューヨーク発 ネイティブの英語表現
ニューヨーク発 ネイティブの英語表現ISBN9784876151486
定価:本体 1,800円+税
(税込定価: 1,980円)
ISBN978-4-87615-148-6
判型:四六判
464ページ
テキスト
2007年3月23日:発売
※本教材の感想を読者カードやレビューサイトにお寄せください。
「ビジネス英語」の域を超えたアメリカ英語を満載!
ニューヨーク駐在生活20年以上の日本人ビジネスマン(著者)がアメリカ合衆国(特にニューヨーク)に暮らす中で頻繁に接するダイナミズムあふれる英語の数々を紹介。「自分は英語でとりあえずビジネスができるが、近い将来ネイティブのレベルに到達したい」という方のために国際ビジネスの現場で必須の英語に加え、同僚との私的な会話やビジネスランチなどの会食、さらにはパーティーなどでネイティブが頻繁に使う単語や表現を豊富な文例とともに収録しました。英語を学び、英語でビジネスに携わり、外国(特に米国)で生活するうえで役立つと思われる関連トピックと日常的ではあってもなかなかまとめて学ぶ機会のない実務や社交文例をまとめた Appendix も用意いたしました。

はじめに

 本書は、アメリカ合衆国(特にニューヨーク)に暮らす中で頻繁に接する、ダイナミズムあふれる英語を辞典形式にまとめたネイティブ英語表現集である。読者として想定しているのは「自分は英語でとりあえずビジネスができるが、近い将来ネイティブのレベルに到達したい」とお考えの方である。筆者の経験では、ネイティブ並みの表現力を効率よく習得する近道は、ネイティブが頻繁に使い、私たちノンネイティブがなかなかうまく使いこなせない単語や表現をひとつひとつ覚えて、使いこなしていくことである。

 国際ビジネスの第一線で活躍するのに必要な英語力はそうとう多岐にわたっており、いわゆる「ビジネス英語」の域を大きく超えている。本書に収録した単語、表現は、実はいわゆる「ビジネス英語」だけではない。同僚との私的な会話、ビジネスランチ[ディナー]、パーティーでの会話などで話題となりそうな(ビジネス以外の)トピックも紙面が許す限りカバーしている。特によく使われる単語、表現にはできるだけ多くの例文を用意するように努めたが、同時に学習効率も考え、ひとつの文の中に複数の単語、表現を含めたものも少なくない。なお、本書は特記した場合を除き米国英語を前提としている。

 さらに、英語を学び、英語でビジネスに携わり、外国(特に米国)で生活するうえで役立つと思われる関連トピックと、日常的に接するがなかなかまとめて学ぶ機会のない実務、社交文例をまとめた Appendix も用意しているので活用願いたい。結果として筆者が「こんな本があれば日本人ビジネスピープルにとって便利だろう」と長年考え続けてきた実戦型英語表現集になったのではないかと自負している。本書が日本人の英語力向上に多少でも役立てば本望である。

 共著者である妻 Ann E. Clinton、種々アドバイスをしてくれた義母 Ann M. Clinton はもちろん、筆者に小学校2年生から英語のレッスンを受ける機会を与えてくれた亡き父是太、母愛に心より感謝の意を表したい。また、会社で父の同僚であり、早い時期から筆者が英語になじむチャンスを与えてくださった高垣健さんには心よりお礼を申し上げたい。最後になるが、本書が日の目を見たのはひとえに(株)語研編集部の奥村民夫さんのご指導宜しきを得たおかげである。改めてお礼を申し述べたい。

 2007年3月
小林一省
小林一省
東京生まれ。三菱銀行(現三菱UFJ銀行)入行。同行ニューヨーク支店(融資等担当)、米州本部(M&A等担当)勤務。現在、日系企業の米国法人において財務・経理・人事・IT等管理部門を担当。通算20余年にわたってニューヨークで勤務した経験を持つ。東京大学経済学部卒、ニューヨーク大学ビジネススクール卒(ファイナンス専攻)。ニューヨーク在。
Ann E. Clinton
ニューヨーク生まれ。ニューヨークで4年間日系企業に勤務後、東京でも6年間日本人ビジネスマン向け英会話教材の編集に携わるかたわら、日本人ビジネスマンを対象に英会話学校及びプライベートレッスンで英会話を教えた経験を持つ。上智大学比較文化学部卒(社会学専攻)。ニューヨーク在。

小林一省先生の本

定番

スペイン語基本単語2000表紙画像
社会人の常識敬語ドリル表紙画像
フィリピノ語基本単語2000表紙画像
インドネシア語基本単語2000表紙画像
語研の公式ストアへのリンク