1か月で復習するイタリア語基本の500単語
定価:本体 1,600円+税
(税込定価: 1,760円)
ISBN978-4-87615-366-4
判型:四六判
168ページ
CDブック(CD)
2020年12月22日:発売
※本教材の感想を読者カードやレビューサイトにお寄せください。
「見たことのある単語の意味が思い出せない」、「何度も繰り返して覚え直しているのにまた忘れてる」、「別の意味があったはずなのに出てこない」。意味を思い出すための手がかりを増やして、単語と文法・語法をつなぎ、語学力の基礎を固めるための一冊です。

※ためし読みの色は実際の書籍とは異なります。

はじめに

 世界中の人々を魅了してやまないイタリア。この素晴らしい国の母国語とするイタリア語を学びたいという理由も百人百様だと思います。「料理のレシピを原書で読みたい」「オペラをイタリア語で楽しみたい」「映画を字幕なしで理解したい」「ルネサンス美術を学びたい」「イタリア人とサッカー談義を交わしたい」中には,「世界有数の世界遺産を誇るイタリアをガイドなしで巡りたい」などという夢を持っている方もいるかもしれません。その目標を達成するには,その分野の専門用語を習得する必要がありますが,まずは,基礎単語を身につけなければなりません。本書では,最初に覚えたい必須500 単語を厳選し,実際の生活の場で使用するフレーズを用意しました。実用イタリア語検定5 級の対策としても対応しています。イタリア語は,他の言語と比べて日本人にとっては発音しやすい言語だと言われていますが,初心者にはやはり難しい発音もあるため,カタカナ発音も記しました。付属のCD を聴きながら,ネイティブの発音を真似て実際に口で発して,覚えていきましょう。関連語には,初級レベルでは,やや難しい単語もありますが,役立つものをセレクト。こちらも合わせて身につけてください。読者のみなさまの夢にこの単語集が少しでも役立つことができれば幸いです。

 共同執筆者で,バイオリンの街,クレモナ出身の北野美絵子ジュリアさんには,なるべく生きたイタリア人らしいフレーズを作成していただきました。ナレーションではイタリア語指導歴が長く,イタリアと日本で著書を持つ,ロッサーナ・アンドリウッツィ先生にお世話になりました。また,この本の企画を紹介していただいた日伊学院の松本太郎さん,花原昌子さん,最後の最後まで,構成についてわがままを聞いていただいた語研編集部の西山美穂さんには心より感謝の思いを捧げます。

 一日も早い新型コロナウイルスの終息,そしてイタリアとの往来が再び訪れる日を願って。

2020年12月 佐藤 德和