快速マスタードイツ語
定価:本体 2,400円+税
(税込定価: 2,640円)
ISBN978-4-87615-358-9
判型:A5判
304ページ
CDブック(MP3CD)
2020年5月29日発売
※本教材の感想を読者カードやレビューサイトにお寄せください。
これ一冊で! 基礎を固める
本書では、ドイツ語の基本的な発音や文法、会話表現、重要語彙を身につけることができます。発音編では規則を理解しながら発音練習ができるよう、各単語に発音記号とカナ表記を併記しました。シンプルな解説を見やすい図や表で、ドイツ語の基礎文法をしっかりと学べます。重要な文の形やポイントが一目で確認できるレイアウトで効率よく復習できます。会話表現編では旅行や日常生活で使える表現を収録しました。付属の音声を活用してヒアリング、スピーキングの練習ができます。語彙編では日常的によく使用する単語1600語を分野別にまとめました。巻末付録には文法表とよく使われる不規則動詞の変化表が付いています。
本教材の付録CD(MP3CD)は、パソコンでの利用を前提として制作されております。CDプレーヤーやカーオーディオなどでは内容を再生いただけない場合がございます。再生方法の詳細や制限につきましてはご利用の再生機器のマニュアルをご参照ください。
MP3CDに関しては以下のFAQもご覧ください。
付録CDに関するFAQ

※ためし読みの色は実際の書籍の色とは異なります。

はじめに

 ドイツ語の授業をしていると「ドイツに行きたいのですが,英語でも大丈夫ですか」と尋ねられることがあります。きっと大丈夫です。恐らく今の時代はドイツ語圏以外でも,どこに行っても英語で大丈夫(=なんとかなる)でしょう。ではなぜドイツ語を学ばなければならないのか。想像してみましょう。もし日本にやって来た外国人の友人と英語でしか話ができないとしたら。「日本語ならもっと面白いということが伝えられるのにな」,「日本語で言うとちょっとニュアンスが違うのにな」,「日本語で話したいな」と感じるときがくるかもしれません。また道を歩いていて,外国人の方から日本語で道を尋ねられたとしたら,それがたったひと言であったとしても「日本語が話せるなんてすごい!」と感じませんか。尊敬の念を抱くと同時に,少し距離が近くなったように感じるはずです。ドイツ語圏はフランス語やオランダ語,チェコ語にポーランド語など,いろいろな言語圏に囲まれています。それゆえドイツ語を母語とする人たちは,私たち日本人よりも日常的に外国語つまり「よその言語( Fremdsprache(フレムト・シュプラーヘ) )」に慣れています。とはいえ母語( Muttersprache(ムッター・シュプラーヘ) )で話しかけられて嫌な気はしないはずです。あなたは fremd(フレムト) な言葉を話す人ではなくなりますから*。

 コミュニケーションは言葉だけで行われるものではありません。ただ,言葉が心をつなげてくれる重要な要素のひとつであることには違いありません。せっかくドイツ語圏へ行くのならドイツ語を使って現地の人の心に近づいてみましょう。「なんとかなる」に甘んじることなく,本書を手に取ってくださったすべての皆様の成功を祈念しております。 本書の作成にあたり,さまざまな方が執筆された辞書や文法書から多くのことを学ばせていただきました。またドイツ語の表現を丁寧に校正してくださった後藤コリンナ・ヴェレナ先生には心から感謝申し上げます。さらに執筆前から絶えず貴重なご指摘をしていただきました語研編集部の宮崎喜子さんには感謝の気持ちに加えて,過密なスケジュールで大変な作業をしていただいたことを実に申し訳なく感じておりました。最後まで本当にありがとうございました。

2020 年 4 月
磯部 美穂
* Fremdsprache は,fremd(よその,見知らぬ,外国の)という形容詞と Sprache(言語)という名詞か らなり「外国語」を意味します。それに対して「母語」は Muttersprache で Mutter は「母」を意味します。
磯部美穂
信州大学人文学部准教授