英語はもっとやさしく・短く話そう
定価:本体 1,700円+税
(税込定価: 1,870円)
ISBN978-4-87615-377-0
判型:四六判
192ページ
テキスト(音声ダウンロード)
2022年1月20日:発売
※本教材の感想を読者カードやレビューサイトにお寄せください。
日本で暮らす諸外国の人々と英語で話すことで情報を共有し,視野を広げていくための英会話入門書です。「できるだけやさしい単語で,短く話す」ための英語文の作り方と基本単語 の使い方を解説しました。特に「長く話す必要はない」「1分間会話で切り上げる」ことを念頭に置いて,積極的に英語で自己表現することを勧めています。音声無料ダウンロード。
本教材に対応する音声データは、当Webサイトよりダウンロード可能です。ダウンロードした音声データはZIP形式で圧縮されています。音声ダウンロードに関しては以下のFAQもご覧ください。
音声ダウンロード・すぐ聴く音声 FAQ

※ためし読みの色は実際の書籍とは異なります。

はじめに

 皆さんは突然外国の方に英語で話しかけられて頭が真っ白になったことはありませんか。あるいは逆に,英語で声をかけてあげたいけれど何と言ったらいいかことばを探しているうちにタイミングを逃してしまって残念な思いをしたことはありませんか。また,英語圏に行ったときにもっと自由に言いたいことを伝えたり,聞きたいことが聞けたら,ともどかしい思いをしたことはありませんか。

 これらは私がいやというほど経験してきた思いです。あとで落ち着いて考えたら英語でどう言うべきだったかを思いついて,どうしてこんな簡単な英語が出てこなかったんだろう,とくやしい思いをしたものです。本書は,英語が初心者の方でも,あるいは初対面の人が相手のとっさの場面でも,自分から英語で話しかけて会話を始めて,自分からその会話を終わらせることができるようになる「英語で話す力」の基礎を身につけることを目的にしています。

 外国語である英語での会話をいつ,どのように始めて,どのように展開して,いつ,どのように終わらせるか―英語での会話をある程度自分でコントロールできるようになれば,リラックスして「英語で話す」ことができるはずです。

 そうした英語で話す力の基礎を学んで,積極的に英語での会話に取り組み,楽しめるようになるためのエッセンスを本書にまとめました。

 私は,大学生になるまで英語が大の苦手で,人前で英語を話すなど不可能でした。いわゆる英語コンプレックスから自分を解放して,人並みになりたい。そんな思いから,私は英語に取り組むようになりました。

 英語を身につけてみると,世界の多様な価値観や文化を持った友人ができ,人生がとても豊かになりました。それを可能にしてくれたのは,「できるだけやさしいことばを使って,短く話す英会話」だったのです。そのために重要な話す英語の基礎知識と,役に立つフレーズを,実際に会話が展開される順を追ってまとめてみました。

 人との出会いは予測ができません。

 準備 8 割。

 今すぐ英語を使う方も,そうでない方も,自分が実際に使う場面をイメージしながら,本書のフレーズをぜひ声に出して言ってみてください。目でだけでなく,声と耳も使って本書を使っていただくのがポイントです。

 人の幸せは,人とのかかわりの中にあると私は思います。人と人がことばを交わすとき,お互いの声や表情からも考えや気持ちをくみ取って,うれしい気持ちになるものです。

 国を超えて,多くの方々と出会えますように。そして,一期一会の一瞬の会話であっても思い出に残るうれしい体験を重ねられますように。本書を通して,「英語で話す力」の基礎を身につけることで,皆さんが世界の人々と出会い,触れ合って,皆さんの可能性と人生が世界へと大きく広がっていきますことを心から願っています。

 最後に本書を執筆するに当たり,ことばと心の関係をとても大切に引き出してくださった編集者の奥村民夫様,そして私が今まで出会ってきた多くの方々に感謝の気持ちを表したいと思います。本書の例文の多くは,私が今までに交わしてきた実際の会話を再現したものです。本書を手にとってくださった皆さんに,英語を通じて多くの喜びと出会いがもたらされますように。

愛と感謝を込めて
宮田 あつこ
宮田あつこ

英語講師(講師歴 22 年)。生徒数延べ 4万5000人。アフリカ大陸をはじめ世界 28 か国をめぐる。

福井県生まれ,大阪育ち。兵庫県の英会話学校や海外の大学での講師を経て,現在は独立。英会話,TOEIC,英検対策の主要 3 講座を開講するAtsukoEnglish を主宰。また,大阪の大学や日本語学校でも英語の講義を行っている。

英語を習得し,目標をかなえ,多くの人に夢を実現してもらうことをモットーに,日々英語学習に関する活動を行っている。また,自身がアフリカにいた経験と,英語で話すことへの自信と喜びを教えてくれたアフリカに活動の一部を還元したいという想いから,アフリカの子どもたちへの栄養支援も行っている。