韓国語基本単語2000
張銀英:著
定価:本体 1,200円+税
(税込定価: 1,320円)
ISBN978-4-87615-619-1
判型:新書判
212ページ
テキスト(音声別売)
1988年7月1日発売
別売音声:ISBN978-4-87615-531-6
(CD3枚 価格:本体 2,300円+税)
※本教材の感想を読者カードやレビューサイトにお寄せください。
韓国語学習のおともに
シリーズ累計65万部突破のロングセラー。聴いて話すために必要な基本単語2000語を項目別に学習し、語学習得の基礎を鍛えます。発音と基本的な文型についても巻頭で解説。別売の音声教材はCD版のほか、インターネット経由でデータをダウンロードできるDL版(有料)も提供しております。
電子書籍あり
音声付き電子書籍あり

はじめに

 こう言ってはなんですが、単語をおぼえるのはたいへんです。辞書を丸暗記できればそれに越したことはありませんが、それも凡人にはかなわぬことです。

 しかし、互いに関連する語や類似語が同じページに載っていれば、記憶しやすいばかりではなく、会話にも役立つのではないでしょうか。機械的におぼえるのではなく、自分を語るうえで必要な単語、気に入ったことばなどから覚えていくのが、外国語学習のコツです。

 この本は、初心者のみならず、中級クラス以上の学習者にとっても親しめ、役に立つことを考えて書きました。とりわけグループ学習でフリートーキングする場合に有用であると信じます。

 用いている例文は、男女ともに会話に使えるものばかりですが、どちらかといえばやわらかな言いまわしになっています。また、単語の選択にあたっては、一般の辞書にはのっていない語も思いきって入れてみました。実際に使われるものを優先した結果です。

 読者の方々が本書によってまず韓国語に親しまれ、実際に話し聞きながら、さらに多くのことばをとり入れていけるように使ってくだされば幸いです。

 私の未熟な日本語表現を直してくれたり、何回となく励ましてくれた編集の皆さんに感謝します。

1998年5月
張銀英
はじめに
3
構成と使い方
6
索引
202
第1章 発音と文字
1 ハングルとは
8
2 基本母音字
10
3 基本子音字
12
4 激音と濃音
14
5 合成母音字
16
6 パッチム
18
7 リエゾン
20
第2章 会話のための単語
1 人やものをさすことば(1)
24
2 人やものをさすことば(2)
26
3 「テ・ニ・ヲ・ハ」を覚えましょう
28
4 数えることば
30
5 大きな数を数える
32
6 固有数詞
34
7 一日の時間を表す
36
8 日付けと曜日
38
9 日と月と年
40
10 時を表すことば
42
11 位置と方向を知る
44
12 家族とよびかた
46
13 親戚とよびかた
48
14 周辺の人々
50
15 一日の生活
52
16 手足の動作
54
17 頭をはたらかせる
56
18 授業と勉強のことば
58
19 教室にあるもの
60
20 学校につて
62
21 ことばを学ぶ
64
22 一生のできごと 
66
23 頭から足まで
68
24 体のはたらき
70
25 体格と健康について
72
26 かたちをいうことば
74
27 状態をいうことば
76
28 きょうの天気
78
29 気候はどうですか
80
30 地理をいうことば
82
31 動物を飼う
84
32 植物を育てる
86
33 住いとたてもの
88
34 家のなか
90
35 家のしごと
92
36 生活の用品
94
37 家庭の電気製品
96
38 毎日の食事
98
39 台所にあるもの
100
40 料理法と材料
102
41 調味料と味
104
42 身じたくをする
106
43 服を着る
108
44 彩りを楽しむ
110
45 小物とアクセサリー
112
46 衣生活のしごと
114
47 街へでましょう
116
48 駅でつかうことば
118
49 乗り物を利用する
120
50 車で走る
122
51 空港でつかうことば
124
52 機内でつかうことば
126
53 ホテルに泊まる
128
54 レストランで食事
130
55 お酒の席でつかうことば
132
56 お金と銀行
134
57 犯罪にあったら
136
58 買物をする
138
59 郵便をだす
140
60 電話をかける
142
61 病院へ行く
144
62 病気を説明する
146
63 薬を求める
148
64 感情を表現する(1)
150
65 感情を表現する(2)
152
66 あなたの性格
154
67 趣味は何ですか
156
68 手軽な娯楽
158
69 芸術に親しむ
160
70 スポーツが好き(1)
162
71 スポーツが好き(2)
164
72 ラジオ・テレビ
166
73 新聞や雑誌を見る
168
74 職場でつかうことば
170
75 取引でつかうことば
172
76 いろいろな職業
174
77 身近な国の機関
176
78 身近な政治の言葉
178
79 宗教について
180
80 日本とかかわる歴史
182
81 外来語
184
82 程度を表すことば
186
83 ことばをつなぐことば
188
第3章 韓国語の周辺
1 よくつかわれる語尾など
192
2 擬声語・擬態語
194
3 だいじな敬語とつかいかた
196
4 あいさつのいろいろ
198
5 知っておきたいマナー
200
*動詞の活用
22
*形容詞の活用
190

構成と使い方

特徴どのページも、開いたところがひとまとまりの単位です。好きなところから単語を覚えていくもよし、また、初めて韓国語をにふれる方は、順に2ページずつ覚えていくとステップをふんだ学習ができます。

本文第1章で、韓国語の発音と文字を、実際に使う単語で覚えます。第2章が、会話に使う単語です。すべて耳で聴き、口で話すことばで、使用される場面および意味としての覚えやすさを考慮して分類しています。第3章は、韓国語に付随することがらを解説しています。

*漢字語は〔  〕内で漢字表記を示しました。漢字でない部分は「 - 」で省記しています。なお、漢字はほとんどが旧字体です。

使い方左のページにあげた単語や解説を、右ページで練習しながら暗記します。各項にチエック用の□がついています。書きこみながら練習して覚えます。

別売CDの利用法

 本書の学習には、張銀英さんの吹込みによる別売CDを活用されるといっそう効果的です。
 また、別売CD収録の音声は」すべて、インターネットからのダウンロード販売も行っております。

CD収録時間
Disc1:34分17秒/Disc2:34分27秒/Disc3:35分08秒

張銀英

 韓国生まれ。梨花女子大学卒業。元NHKテレビハングル講座講師。東京大学,津田塾大学講師,NHK国際放送局アナウンサーを務める。著書に『韓国語レッスン初級Ⅰ,Ⅱ』(共著,スリーエーネットワーク)などがある。