ペルシャ語基本単語2000
定価:本体 1,750円+税
(税込定価: 1,925円)
ISBN978-4-87615-663-4
判型:新書判
248ページ
テキスト(音声別売)
1993年6月1日発売
別売音声:ISBN978-4-87615-546-0
(CD2枚 価格:本体 2,300円+税)
※本教材の感想を読者カードやレビューサイトにお寄せください。
聴いて,話すための
シリーズ累計65万部突破のロングセラー。聴いて話すために必要な基本単語2000語を項目別に学習。発音と基本的な文型についても巻頭で解説。別売の音声教材はCD版のほか、インターネット経由でデータをダウンロードできるDL版(有料)もある。
電子書籍あり
音声付き電子書籍あり

はじめに

 1990年頃から日本の各地で中東諸国の外国人労働者をよくみかけるようになりました。中国人、韓国人などは言葉も習慣も日本のそれになじみがあり、すぐに日本社会に受け入れられますが、中東の人々はどうも日本人にとって異質な人種と見られているようです。ことに近年多くなったイラン人労働者は、体格がよく、ひげを生やし、固っているので怖い、などと言われることすらあります。

 しかし、彼らの使う言葉は第1章のとびらにも記したとおり、古くかつ言語学上では文法書を始め辞書、語彙集、会話書などもすでに刊行されているのですが、残念ながら言葉の背景にある文化を理解しながら、ごく簡単に学ぶペルシャ語となると一書を選ぶことは難しいかもしれません。

 そこで本書は、誰にでも学べることを第一の目標にしました。表記をカタカナにしたのはそのためなのです。言葉の背景にある文化の理解、これが本書の第二の目標です。そのため筆者は留学時代から今日に至るまでに学んだ言葉の周辺をできるだけ書き留めたつもりです。

 幸い日本滞在もすでに8年、日本の大学の日本語学科を卒業したF. ファルシチーさんに協力していただだくことができました。さらに、東京外国語大学客員教授Dr. A. フェルドウスィー氏、中央大学准教授Dr. M. サドリア氏には発音、言い回しについて細かくチェックしていただきました。なお、東京外国語大学4年紅露啓、鶴岡晃両君および3年大前信子さんには校正で大いに骨を折っていただきました。ここに記して感謝の意を表したいと思います。この書が、最近日本で肩身を狭くしているイラン人とペルシャ文化への理解の糸口となれば幸いです。

1993年1月
著者 岡田恵美子
はじめに
3
構成と使い方
6
索引
226
第1章 ペルシャ語のあらまし
1 文字と発音
8
2 基本文型
13
3 名詞
14
4 形容詞とエザーフェ
15
5 動詞
17
第2章 聴いて話す単語
1 人や物を指す言葉
26
2 肯定と否定
28
3 数(1)
30
4 数(2)
32
5 数(3)
34
6 イランの暦
36
7 曜日と時を表す言葉(1)
38
8 時を表す言葉(2)
40
9 時刻と時間
42
10 季節と天候
44
11 自然と自然現象
46
12 尋ねる言葉
48
13 位置と方向
50
14 地理
52
15 動物
54
16 鳥と虫とは虫類
56
17 樹木
58
18 草花
60
19 家族(1)
62
20 家族(2)
64
21 周囲の人々の呼び方
66
22 人生における呼称
68
23 身体(1)
70
24 身体(2)
72
25 体の働き
74
26 家(1)
76
27 家(2)
78
28 生活用品(1)
80
29 生活用品(2)
82
30 生活用品(3)
84
31 人の一生
86
32 一日の生活
88
33 手足の動作
90
34 知覚・感覚の動詞
92
35 感情を表す動詞(1)
94
36 感情を表す動詞(2)
96
37 気質を表す形容詞
98
38 人の形質を表す言葉
100
39 形を表す言葉
102
40 状態を表す形容詞(1)
104
41 状態を表す形容詞(2)
106
42 学校(1)
108
43 学校(2)
110
44 教室
112
45 言葉
114
46 食事
116
47 食事をする
118
48 台所用品
120
49 料理をする
122
50 味付けの材料
124
51 料理材料(1)
126
52 料理材料(2)
128
53 料理材料(3)
130
54 果物
132
55 飲み物など
134
56 掃除・洗濯
136
57 身じたく
138
58 身に着ける物(1)
140
59 身に着ける物(2)
142
60 手仕事
144
61 色彩
146
62 街
148
63 買い物(1)
150
64 買い物(2)
152
65 銀行
154
66 郵便局
156
67 電話
158
68 乗り物
160
69 車
162
70 飛行機と船
164
71 宿泊
166
72 レストラン
168
73 労働
170
74 農業
172
75 商業
174
76 仕事のいろいろ
176
77 仕事と役所
178
78 趣味
180
79 娯楽
182
80 子供の遊び
184
81 病院
186
82 病気の症状
188
83 病名
190
84 犯罪
192
85 政治(1)
194
86 政治(2)
196
87 社会
198
88 思想
200
89 宗教(1)
202
90 宗教(2)
204
91 思考
206
92 報道
208
93 ミーティング
210
94 祝祭日
212
95 物の単位
214
96 程度を表す言葉
216
97 つなぎの言葉
218
98 あいさつ
220
資料
222

構成と使い方

特徴どのページも、開いたところがひとまとまりの単位です。好きなところから単語を覚えていくもよし、また、初めてペルシャ語にふれる方は、順に2ページずつ覚えていくとステップをふんだ学習ができます。

本文第1章はペルシャ語の発音と文法を、実際に使う単語で覚えます。第2章が会話に使う単語です。すべて耳で聴き、口で話すことばで、使用される場面および意味としての覚えやすさを考慮して分類しています。

使い方左のページにあげた単語や解説を、右ページで練習しながら暗記します。各項にチェック用の□がついています。書きこみながら練習して覚えます。

別売CDの利用法

 本書の学習には、イラン育ちのアナウンサー、ファルザー・ファルシチーさんの吹込みによる別売CDを活用されるといっそう効果的です。
 まずペルシャ語が、続いて日本語が読みあげられます。本書にあげた全単語を収録しておりますので、学習にぜひおやくだてください。
 また、別売CD収録の音声はすべて、インターネットからのダウンロード販売も行っております。詳しくは、弊社のホームページにアクセスしてください。

CD収録時間
Disc1:64分42秒/Disc2:63分49秒

岡田恵美子

 1932年東京生まれ。東京学芸大学卒業。イラン国立テヘラン大学文学部博士課程修了。文学博士。元東京外国語大学ペルシア語学科教授。
 著書に『イラン人の心』(NHK出版),『ペルシアの神話』(筑摩書房)などがある。