オランダ語基本単語2000
定価:本体 1,750円+税
(税込定価: 1,925円)
ISBN978-4-87615-692-4
判型:新書判
244ページ
テキスト(音声別売)
1996年4月1日発売
別売音声:ISBN978-4-87615-536-1
(CD2枚 価格:本体 2,300円+税)
※本教材の感想を読者カードやレビューサイトにお寄せください。
聴いて,話すための
シリーズ累計65万部突破のロングセラー。聴いて話すために必要な基本単語2000語を項目別に学習。発音と基本的な文型についても巻頭で解説。別売の音声教材はCD版のほか、インターネット経由でデータをダウンロードできるDL版(有料)もある。
電子書籍あり
音声付き電子書籍あり

はじめに

 1600年4月29日にオランダ商船リーフデ号が大分県の黒島に漂着して以来、日本人はオランダ語と長い関わりをもっています。江戸時代、長崎の出島で通詞たちが学んだのはもっぱらオランダ語でした。明治維新以後、英語にその位置を譲りましたが、ビール(bier)、シロップ(siroop)、マドロス(matroos)、リュックサック(rugzak)など、いまでも私たちの日常生活に溶けこんでいるオランダ語は、意外にたくさんあります。そのほかにも、鼓膜(trommel-vlies:鼓-膜)、引力(aantrekkings-kracht:引く-力)、植民(volks-planting:人民-植える)などは、オランダ語を漢字に直訳してできた日本語です。こうした経緯でできたことばも、いまだに数多く残っており、それと知らずに使われているのです。

 ベルギーのフランデル地方を含むオランダ語圏では、大半が海面より低い国土を水害から守るために、昔からたゆまぬ努力を続けてきました。オランダといえばまず思い浮かぶ運河も、国土を守るための彼らのはかりしれない闘いの産物だといえます。そのためか、オランダ語の響きには、強い底力が感じられます。

 日本にとって西洋文明の窓口となり、大きな影響を与えた国、オランダの文化と国柄にふれるためにこの本を役立てていただければさいわいです。

1996年1月20日
川端 喜美子
はじめに
3
構成と使い方
6
索引
220
第1章 オランダ語の発音と文法
1 アルファベットの綴り方
8
2 名詞について
11
3 冠詞と代名詞
15
4 動詞
20
5 形容詞
24
6 副詞
27
7 前置詞・後置詞と接続詞
30
第2章 聴いて話す単語
1 人やものをさすことば
32
2 ものをさすことば
34
3 位置や方向をさすことば
36
4 ものを位置づけることば
38
5 ものをたずねることば
40
6 あいさつと感謝のことば
42
7 1から20までの数字
44
8 20より大きい数字
46
9 数にかかわることば
48
10 日付けと曜日
50
11 月と季節
52
12 時を表わすことば
54
13 天気のことば
56
14 地理と宇宙ことば
58
15 人の一生(1)
60
16 人の一生(2)
62
17 体とはたらき(1)
64
18 体とはたらき(2)
66
19 身じたくする
68
20 いろいろな動作
70
21 一日の生活
72
22 人間の感覚
74
23 健康と病気
76
24 病気と病院
78
25 人の性格(1)
80
26 人の性格(2)
82
27 感情を表わすことば(1)
84
28 感情を表わすことば(2)
86
29 感情を表わすことば(3)
88
30 家族と呼び方
90
31 周囲の人々
92
32 ものの形
94
33 状態を表わすことば(1)
96
34 状態を表わすことば(2)
98
35 外国語を学ぶ
100
36 学校やだうがくについて
102
37 授業と勉強のことば
104
38 服を着る
106
39 おしゃれと小物
108
40 彩りを楽しむb
110
41 模様あれこれ
112
42 さまざまな職業
114
43 職業で使うことば
116
44 仕事と労働条件
118
45 ビジネスで使うことば
120
46 サービスをたのむ
122
47 店と7マーケット
124
48 住まいと建物
126
49 家の中
128
50 家具と家庭用品
130
51 家庭の電気製品
132
52 切り花
134
53 木の名前
136
54 ホテルとレストランのことば
138
55 たべものいりいろ
140
56 キッチンにあるもの
142
57 料理のことば
144
58 調味料と味
146
59 料理の材料
148
60 毎日の食事
150
61 飲みもの
152
62 果物
154
63 野菜
156
64 身近な動物
158
65 動物園に行く
160
66 郵便と郵便局
162
67 鉄道
164
68 船に乗る
166
69 飛行機に乗る
168
70 自動車と自転車
170
71 楽しい観光
172
72 電話をかける
174
73 銀行とお金
176
74 環境と環境汚染
178
75 国民・国家・政府
180
76 法律と裁判
182
77 行政のことば
184
78 戦争と平和
186
79 歴史のことば
188
80 放送と報道
190
81 文学の世界
192
82 宗教につて
194
83 美術に親しむ
196
84 音楽を楽しむ
198
85 スポーツのことば
200
86 エンターテイメント
202
ことばをつなぐことば
204
第3章 会話を楽しむ
1 あいづちた返事
206
2 おどろきの表現
208
3 程度を表わすことば
210
4 くだけた表現
212
5 いろいろな鳴き声の動物
214
6 助動詞になる動詞
216
7 擬音・擬態表現
218

構成と使い方

特徴どのページも、開いたところがひとまとまりの単位です。好きなところから単語を覚えていくもよし、また、初めてオランダ語にふれる方は、順に2ページずつ覚えていくとステップをふんだ学習ができます。

本文第1章はオランダ語の発音を、実際に使う単語で覚えます。基礎的な文法についても解説しました。第2章と第3章が会話に使う単語です。すべて耳で聴き、口で話すことばで、使用される場面および意味としての覚えやすさを考慮して分類しています。

使い方左のページにあげた単語や解説を、右ページで練習しながら暗記します。各項にチェック用の□がついています。書きこみながら練習して覚えます。

別売CDの利用法

 本書でオランダ語を学ぶには、オランダで育ったラクリツト・ブイエさんの吹込みによる別売CDを活用されるといっそう効果的です。
 まずオランダ語が、続いて日本語が読みあげられます。
 本書の全単語が収録されています。
 また、別売CD収録の音声はすべて、インターネットからのダウンロード販売も行っております。詳しくは、弊社のホームページにアクセスしてください。

CD収録時間
Disc1:69分34秒/Disc2:68分秒47秒

川端喜美子

1946年生まれ。1969年金沢美術大学卒業。1972年オランダに渡り,1979年レイデン大学東洋言語学科および社会経済史学科修士課程修了。在学中より,オランダ全国紙で東洋の社会経済についてのコラムを執筆。
 現在,ロッテルダム経済経営大学講師(国際マネジメント担当)を務めるかたわら,JCEP(コーディネート事務所)代表,フリーライター,日本語−オランダ語公認通訳など多方面に活躍中。